✨食欲の秋は太るだけじゃない⁉飽食の害と体の冷えを防ぎましょう♡

健康になるための知恵
スポンサーリンク

誘惑がいっぱいの食欲の秋♡

秋になって美味しいものが何処にでかけても目に入りますね💕
あちこちデパ地下巡りをすると、もうお財布にいくらお金が入っていても足りないくらい
食べたいもので溢れかえっています😋
普段は見るだけですが、それでも楽しくてグルグルお店をまわって心は満腹です(笑)

冬に備えて生き物たちが無事に厳冬を越せるよう、秋は栄養価が高くてしかも美味しい食材が出揃うのです。
まさに天の摂理『実りの秋🌰』の素晴らしいところですね💕

なにを食べても美味しい秋の味覚を楽しみつつ、健康を維持するコツをお話したいと思います❣

スポンサーリンク

人間の体は飽食には慣れていないワケ

私たちは食欲に任せて好きなだけ食べてしまうと、太るだけでなく体の不調を招いてしまうのでコントロールする術が大切になってまいります。

胃腸のスッゴい丈夫な人(フードファイターみたいな人)は、平気でも中年になりますと消化器官が弱ってきて、体が悲鳴をあげ体調不良になりやすくなるのです(>_<)💦

 ところで『野性動物』を見てみると、みなスタイルが美しいと思いませんか?
そして、バイタリティーがあって生命力に溢れています

しかし最近は、人間と暮らすペットなどに人間がかかるような病気が増えていて、これは運動不足やストレスの他に『食べ過ぎ』が原因と言われております。ついつい可愛いからオヤツを与えすぎてしまったり、栄養の高い食事を与えすぎたり・・・。

現代のように飽食になったのは、長い歴史の中ではつい最近のことで、私達のご先祖様は動物も含めて『飢えているのが当たり前』の日常だったのですね。 二日も三日も食べられない事が日常だった時代があるのです。ですから、私達の遺伝子は『飢えるのに耐える力』はあっても、『食べ過ぎ(飽食に)対応する力』は備わってないのですって( ̄□ ̄;)

昔から、《食べ過ぎは万病の元》
    《腹八分に病なし》
はたまた《腹十二分に医者足らず》などと言います。
どれも食べ過ぎが体に『害がありますよ』
と教えてくれてるありがたいお言葉ですね♡

成人病と言われる、肥満、糖尿病、高血圧、ガン、高脂血症、胃腸障害などなど書ききれませんが、飽食になったがために起きる病気が一杯あります。

スポンサーリンク

食べ過ぎは体を冷やす⁉オススメは半日断食

もともと飽食に対応できるように私達の体は出来ていないのですが、さらに食べ過ぎることで起きる弊害というものがあります。

食べ物は、口から入りますと胃腸で消化吸収しようと活動を開始します。すると体内にある血液は、胃や小腸に集まり消化活動を促進させます。内臓に血液が使われてしまいますので、脳・筋肉・肝臓に循環する血液の量が減ってしまうのです。なので、食べ過ぎると『頭が回らない』『ボ~っとして眠くなる』という現象がおきるのす。特に体の熱を生み出す筋肉に回る血流が不足し、発熱量が減るので『冷える=体温が下がる』ようになってしまうのですね。

そのうえ、食べ過ぎて燃焼しきれなかった分は『脂肪』という形で内臓などに蓄積されますが、脂肪はそれ自体が冷たい物質なので、これもまた付着した内臓の温度(体温)を下げてしまう元凶なのです。

本当に欲しいのは、カロリーよりも微量栄養素(ミネラル・ビタミン)なのですが、現代の食事は精白したものがほとんどなので、どうしてもカロリー過多のミネラル不足になりやすく、それを補おうとして多食になる傾向があります。

お魚でも、お刺身を食べるよりも『小魚を丸ごと』食べれば栄養のバランスがしっかり摂れて少量ですみ胃腸が消化に疲れるのを防げます。
そして、海藻類や食物繊維の多い野菜などをできるだけ毎日とるように心掛けることも大切です。

カロリーを摂りすぎたり食べ過ぎて胃腸がお疲れモードの翌朝は、『半日断食』がオススメです。
『半日断食』とは、夕飯を6時頃に済ませたら、翌日の朝食は抜いて〖白湯、梅湯〗などを頂きます。そして、お昼から通常より少し少なめ軽めのご飯に戻して内臓を休ませて元気にさせる方法です。そうすると約18時間しっかり内臓はお休みできるので本来の機能を取り戻せるというワケです。

動物実験でも、好きなだけ食事を摂らせたマウスや猿と、20%から30%減食させたマウスや猿を比べてみると飽食をさせたマウスや猿は見た目も老けてしまい、ガンをはじめとする多彩な病気を患うのに対して、少食のマウスや猿は年を取っても若々しく病気になるリスクが格段に低いのだそうです。 

美味しいもので一杯の『秋🍎』を上手にコントロールして、腹八分目で『ご馳走さま』ができるようになりたいものですネ💕(*^^*)

半日断食をしますと、食べ物が美味しく頂けて『食べ物が命に直結している事🍚』を心底体感することができます。  
そして、この先いざ食糧難になった時に困らないように少食に慣れた丈夫な体に変わっていけたら良いですね❣❣

💮合わせて読みたい記事☟

腹八合で医者いらず♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました