◆令和元年7月の全体運 七夕の物語の由来と五節句の意味

今月の全体運と星占い☆イベント行事
スポンサーリンク

七月の節入り

7月7日の夕方6時21分から7月の運気に入ります。
二十四節気で言う〘小暑〙 その名のとおり、暑さのピークを迎える⦅大暑⦆前の季節です。夏本番の暑さを迎える目安で(せみ)が鳴き始める頃になります♬   実際にはまだ梅雨の真っ只中なので、お日様が恋しい時期でもあります。

一方、紫陽花(あじさい)が各地で見ごろを迎え、しっとりした美しい世界が広がります♡
私も鎌倉などに足を運んで(明月院など)お部屋で茶菓を頂きながら、ゆっくり散策するのが大好きです♡

暑中お見舞いには少し早いですが、『美しい天の川の季節ですね♡』などの文面や『短冊や七夕の絵』などがついたお手紙をお友達や親しい人に送ると素敵な思い出になりますね(*^▽^)/★*☆♪  

 今年の7月の節入りは七夕祭りと重なる珍しい年です。陽と陽が重なる五節句にあたり、ガラリと運の流れが変わる。そんな7月の入り口です。

スポンサーリンク

五節句(ごせっく)の意味とは?


五節句『節』とは、季節の変わり目を表しています。

五節句はもともと中国の伝統風習で、奈良時代(710~794)に日本へと伝わりました。《太陰太陽暦》で季節を二十四に分けた『二十四節気』を補うものの一つで、たくさんある季節の節目の中でも特に事象が激しい節目を『五節句』と呼んでいます。

昔から奇数は縁起が良く偶数は邪気などが寄りやすいとされていました。
そこでが重なる五節句(奇数と奇数を足すと偶数になる)の時は、この変わり目の時期を無事に過ごせるよう各地で無病息災、子孫繫栄を願い、厄を払う行事が行われています。

「五節句」は、奈良時代から宮中行事として行われていましたが、江戸時代に入ると幕府が公的な行事として定めるようになりました。
『節句』という言葉は、この時期に天皇や将軍に捧げる飲食物を『節共(せっく)』と言った事からきているとされています。

当初は大名や武家・公家の年中行事でしたが、しだいに一般庶民にまで広まりました
それが当時の農作業の節目で行なわれていた風習と合わさり、現代のスタイルになったのです❣

※【 五節句ごせっく】は次の五つです※
1月7日=人日(じんじつ)  
七草粥で無病息災を祈ります。(せり、ナズナ、ゴギョウ、はこべら、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)の入った七草粥を食べて《無病息災》を願います。

3月3日=上巳(じょうし) 
  桃の節句で女の子の成長を願います。雛人形を飾り、菱餅や桃の花を添えます♡  ちらし寿司や白酒で華やかに祝い女児を祝福する日です。

5月5日=端午(たんご)   
子供の日で男の子の成長を願います。鎧兜や人形を飾り、外には『立身出世』を祈り鯉のぼりを上げます。柏餅をいただき、お風呂に菖蒲を浮かべて邪気を払います。

7月7日=七夕(しちせき)  
短冊に願いを書いて笹に飾ります。日本古来から豊作を祈り、女の子は針仕事などが上手になるように願ったとされています。

9月9日=重陽(ちょうよう)
菊の節句と云われ、各地で菊の鑑賞会が開かれます。『重陽の節句』とも言い、菊酒を頂いたり菊の花を愛でる『菊花展・菊人形展』などが開催されます。『9』は最大の数字のため、重陽の節句が五節句のなかで一番影響力が強いと言われています。

五節句の制度は、明治6年(1873年)に旧暦から新暦へと改暦されたことで廃止になりましたが、年中行事として現在へと引き継がれています。気運の変わり目に厄払いをし、幸せにすごせるよう祈りを捧げると同時に『お祝い』も兼ねた意味深い行事なのです♡

スポンサーリンク

七夕祭りの由来とラブストーリー

有名な織姫と彦星のラブロマンスである七夕(〃▽〃)ポッ

実は、このお二人は恋人同士ではなくて夫婦だという事をご存知でしょうか?
そもそもこの二人を結びつけた方は、織姫のお父様である『天帝』

織物が上手で、天界の人々に綺麗な布をいつもいつも一生懸命に織っていた織姫。
自慢の娘でしたが、お年頃になっても恋愛もしないで一心に織物に勤しむ娘を不憫に思い、働き者の牛飼である『彦星』をある時見つけ『この人ならば娘を幸せにしてくれる』と見込んで二人を結婚させました♡

さすが、天の神様(天帝)のお眼鏡にかなうだけあって、二人の相性は抜群でした❣
とっても仲睦まじく新婚生活を過ごしていたのですが、あまりに仲が良すぎて織姫は機織りの仕事を、彦星は牛飼の仕事を放り出してしまいます(>_<) 

織姫の五色に輝く布を、今か今かと待ちわびてる天界の人々に行き渡らなくなり天界の人々の服はボロボロに、一方の彦星もお世話をさぼった為、牛たちはやせ細ってしまいました。。

ついに織姫のお父様である《天帝》の怒りが爆発してしまいます❣❣
起こった天帝は天の川を挟んで西に織姫を、東に彦星というふうに引き離し、姿を見ることが出来なくしてしまったのです(;´д`)

二人は悲しみに暮れ、なおさら働かなくなってしまい状況がさらに悪くなってしまったので、天帝は考えました。そしてこう言いました。
『お前たち…毎日ちゃんと真面目に働くなら、一年に一度だけ逢わせてやる』と。

それが7月7日であり、この日は天帝の命を受けた『カササギ』という美しい鳥が助けに入ります。

美しい羽をもつカササギ

この日雨が降ってしまい天の川の水が溢れて渡れない時は(催涙雨といいます)、カササギが群れになって現れ、その大きく美しい翼で橋を作り、愛する二人の再会を手助けすると言われております♡

一年に一度の逢瀬を重ねる二人ですが、いつかお許しが降りて一緒に暮らせる日が来るといいですね(*‘∀‘)

スポンサーリンク

今月の吉日

  最大吉日の『天赦日』はありませんが『一粒万倍日』が6日あります❣
7月8日(月)・11日(木)・20日(土)・23日(火)・8月1日(木)・4日(日)になります。

 『一粒万倍日』とは “一粒の籾が万倍に実り稲穂になって返ってくる”と云われる吉日の一つです❣ 農家の方ですと種蒔きとか、お金を自ら出すと良い日なんです(´▽`*) もちろん、仕事とか新規のことを手掛けるのにも適した日とされ、後々大きく実ると昔からの嬉しい言い伝えがあります(*^^*) 
是非活用して、幸運をキャッチしていきましょう♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました